京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2018-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

やることが多くて幸せな話

 こんにちは、2月中旬担当のSTART、またの名を入ヶ岳愁です。

 2月の初旬から春休みに入りまして、家とバイト先を往復する以外には暇の多い生活を送らせていただいています。
 暇?そう、暇なのです。この記事のタイトルと矛盾するのですが、私は今、とても暇なのです。しかし、やらなければならないことや、やりたいことというのは、それはもう沢山あります。小説執筆、絵描き、動画編集、ゲーム作成。ところが……世の常というほど一般的なことなのかは判りませんが、「休暇前にやりたかったことが、休暇が始まるとやる気にならない」というのはたまに耳にする話です。つまるところ、私もその轍を踏んでしまったというわけです。

 予め言っておきますが、ここで暗い話をするつもりはないのです。意志よわよわ歴19年を誇る私からしてみれば、この休暇の過ごし方は至極当然なわけで、今更嘆く気にもなりません。しかしそこで開き直っては一生作業が進みませんし、本当にやりたいことができないままで休暇が終わるのは非常に残念です。
 私はこんな時はいつも、自分を追い詰めることにしています。外部からの圧力、負荷をわざわざ自分にかけることによって、作業を進めるというものです。苦ではありません。私は絵を描きたいのですから。小説を書きたいのですから。
 負荷の最も分かりやすい例は「〆切」です。他にも、「作業を進める」とSNSで宣言してみたり、「ここまで終わらせたら15分だけゲームをしてよい」等と自分で勝手に決めてみたり。色々に対処法を考えてみるのも楽しいものです。

 さて、そんなわけで私は、「〆切が欲しい!」と何かの企画を貰ってきては、「作業できてなーい!」とあっぷあっぷになるという奇妙な行動を繰り返しているわけです。今は一ヶ月後に〆切がある状況ですが、描いている途中の絵はただの趣味。いや、早く趣味は切り上げないと〆切に間に合わないよ!という思いがまた、私を駆り立てるという仕組みなのです。創作意欲への向き合い方といいますか、自分のやる気をどうコントロールするかということについて、こんな例もあるのだと、そういうお話でした。ブログを書いていたらだんだん絵が描きたくなってきたので、今回はこのあたりで筆を置かせていただきます。独り言に等しいような個人的な話をここまで読んでいただき、有難うございました。やりたいことがずらりと並んで順番待ちしている、これは中々に幸せなことじゃあないかなんて思いながら、私はお絵描きソフトを開きます。

Edit 01:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

【NF企画】4コマ漫画の回答例

 2017年11月祭での4コマ漫画企画を担当します、入ヶ岳愁です。STARTと自称することもあります。

 ここでは、会場でお題となっていた4コマ漫画の、作者自身による回答例をご紹介します。「これが正解」ということではなく、あくまで一つの例としてご覧いただければ幸いです。

yonnkoma.jpg

3 (1)


Edit 02:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やりたいこと:切り絵について

 こんにちは、入ヶ岳です。10月中旬担当だったのですが、すっかり投稿した気になっていました。申し訳ありません、一先ず今、この記事の間だけは10月中旬であるということでお願い致します。

 さて、タイトルは「やりたいこと」というわけなのですが、簡単に言いますと、私にはやりたいことが今現在山ほどあるというわけです。列挙してみましょう。

・小説
・イラスト
・切り絵

 なんだ3つだけかとお思いになるかもしれませんが、これは創作活動だけをピックアップしたもの。そして、「何かを作る」という願望が3つも重なってしまうともう……人生が足りません。誰か私に人生をください。
 まあ、ここでは私の活動について度々お話することになるかと思うのですが、今回はNFで個人的な活動も予定している「切り絵」について、お話しましょう。

 切り絵といいましても色々ありまして、僕が作るのは専ら、画用紙をアートナイフで切り抜くタイプのものです。紙を折ってハサミで切る類のものは専門外、というわけです。というわけで、ここではその作業について少しご紹介してみようと思います。

 まずは元となる画像(自分で絵を描いて印刷したりします)を画用紙に貼り付けます。画像が印刷された紙は後で剥がしますから、貼り付けると言っても、後で剥がしやすいように工夫が必要です。切り絵は黒(元の画用紙を残す部分)と白(切り抜く部分)の2色に分かれるわけですが、その白の部分にのみノリをつけます。そうすると、全て切り終わった暁には、要らない紙はすぽっと外せるというわけです。
 まあ、後は正直ひたすら切っていくだけで、中心付近から切るだのなるべく奥から手前に向かって切るだのあるのですが、そんな話を文字でひたすらやるのも何ですから省略します。代わりに、作業に必要なものをご紹介します。
・アートナイフ…デザインナイフとも言ったりします。普通のカッターより細かい作業に向いており、べらぼうに切れ味が良いです。
・カッティングマット…所謂カッターマットです。ナイフで机等を傷つけないように敷きます。大きめのサイズの方が切りやすいですが、その分持ち運びにくいです。ペンタブみたいなものです(大嘘)。
・紙(黒、台紙用に白)…普通の画用紙で大丈夫ですが、ケント紙やラシャ紙といったものが切り絵向きと言われています。後は……好みです。度々ネット上で言われているのでここにも書いておきますが、市販されている「切り絵用紙」はお勧めしません。表が黒、裏が元絵を印刷できるよう白となっているのですが、切ると裏の白が見えて美しくないとのこと。買ったことがないので伝聞調ですが、まあ普通の紙を買った方がいいのではないでしょうか。
・のり…スティックのりとかテープのりとか、色々ありますが、一般的に切り絵の接着にはスプレーのりを使います。台紙にムラなく貼る必要がありますからね。スプレーのりは55と書かれたものをおすすめしますが……高いです。

こんなところですね。いや、本当にこれで作ることができます。初期投資はかなり少ないのです。そして、完成させると大変な満足感を得られます。最高です。大変始めやすい趣味なので、皆様も一度紙を切ってみられてはいかがでしょうか。

というあたりで、今回はここまでとさせていただきます。良き切り絵ライフを!

Edit 13:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

自己紹介などなどなど


 初めまして。入ヶ岳と申す者です。6月上旬の投稿予定者は「START」の筈なのに、君は誰だという話ですが、まあつまるところどちらも私です。別名義というやつです。名前としては「入ヶ岳 愁」の方が日が浅く、小説等を書く際の名義として新設したものです。絵を描く時は「START」名義で出す気がします。「紛らわしいわ馬鹿」と言われたら入ヶ岳に統一しますが、まあPNに関してはそんなところで。

 先程からぽろぽろ零していますが、小説を書いたり絵を描いたりしています。と言っても、絵は最近になって重い腰を上げたような形で、今でも頻繁に尻餅をつきながら少しずつ練習しているところです。暫くは物書きとしての活動が多いかと思います。

 自分は色んな創作活動に手を出しておりまして、絵や小説は勿論、動画制作やゲーム制作、切り絵、裁縫、その他工作等々、面白そうなことは片端からやっていっている形です。アニメや漫画も好きですので、観たり読んだりします。
 すると、どうなるでしょう。そうです、時間が足りなくなるのです。このままでは自分の人生が中途半端に時間切れとなると踏んだ私は、創作サークルに入り、〆切や創作仲間の存在する環境へ身を投じ、だらだらとした生き方の自分を追い詰める決意をしました。結果どうでしょう。絵はまだ二枚目の途中、空いた時間はゲームしかやっていません。何だこいつは。僕です。これが僕なんです。これからよろしくお願い致します。


 追伸、と言いますとおかしな話ですが補足です。僕は作品を批評する際、割と否定的な意見を述べたりします。その方針は多分変わらないので、是非私の作品も批判してください。お待ちしております。

Edit 02:08 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

6月の担当は
上旬:いろり
中旬:すみのふ
下旬:光彩
です。

 

最新記事

 
 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR