京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
 

近況報告と創作論もどき。

 どうも。九月上旬担当だったような気がしないこともないので更新しにまいりました。③です。

 夏休みも後半戦に入りました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。こちらは約四年ぶりの「受験勉強しなくてもいい夏休み」に狂喜乱舞し、八月は思う存分朝から晩まで小説執筆に勤しんでおりました。進捗進捗ゥ! その甲斐あって12万文字サイズの長編小説を八月中に完成させることに成功。ふはははは褒めるが良い!

 完成した小説は例によって某新人賞に投稿しました。そこそこ自信はありますがどこまで行くことやら。落選してきたらアップローダに上げて改善点など聞くかもしれないので、その際はご協力よろしくお願いします。

 そして九月に入り、四日から六日まで未定合宿in彦根に行っておりました。割とゆるゆるした合宿で、詳細に語っていくと間延びしてしまうため箇条書きかつ三行にまとめると、

 のぼるさんはエスパータイプ
 エクストリーム坊主めくり
 無限の偶像(アンリミテッドヒコニャンワークス)

 あたりです。合宿の影響か下宿の印刷機の上にもいつの間にかひこにゃんが鎮座しており、我が家も既に英霊ひこにゃん(クラス:アサシン)の固有結界に取り込まれてしまっているようです。ゆるキャラ怖い。キャスタークラスのゆるキャラに心当たりのある方はぜひお願いします。
 このへんの詳細を聞きたい方は例会で参加者にお声をおかけください。

 そして現在、合宿疲れも取れ、いよいよ明日からネロ祭りボックスをぶん回しつつ八月は出来なかったイラスト修行を思う存分しようと思っている次第、ということで近況報告は以上になります。

 さて、本来はここから小説書き上げたノリで創作論でも語ろうかなーと思ってたのですが。
 ……あれー? なんか全然書けないぞー?
 いや何でしょう、多分書けることはあると思うんですが、それをどこからどう書いたらいいか全くわからない。
 あれですね、多分誰かに「ここはどうしてるの?」とか「このへんはどう考えて書いてるの?」とか質問をもらうことであらかじめ回答の方向性を決めた上でなら多分答えられると思うので、ぬるっと質問募集します。
 すごい、今までこのブログで創作論書いてた人本当にすごい。むしろ僕から質問したい。貴方がたどうやったらこんなきれいにまとまった創作論が書けるのでしょうか。

 そういう訳で、今回の記事ではこうやって創作してる、ではなく、良い創作をするために普段からやっていること、をお話ししたいと思います。

 まず、僕の理想というか今のところの目標は「天地人が優れた小説」です。
 天地人はwiki曰く宇宙を形成する三要素とのことですが、これは小説にも当てはまります。そう、つまり小説とは宇宙を作ることであり、小説を書いている間僕は神様なのだ!
 ……何を言ってるんだこいつはと思いますよね。僕も思います。でも実際書いている間僕はガチでこんなこと考えてます。変態ですみません。でも、これでも京大の中でなら比較的まともな変態だと思うので許してください。未定の中でならこれもう常識人と言っても過言ではないですよね。

 話を戻しましょう。小説における天地人を説明すると、
 天は設定、地はストーリー、人はキャラクター、という風に僕は捉えています。
 八月に書いた小説も、この三要素それぞれに魅力を持たせるように努力しました。
 そして普段物語を読む中でも、優れた物語、心動かされた物語に対しては感動の余韻が過ぎ去ったのち考察に入ります。

「この設定は何でこんなに見事な駆け引きを生みだせるんだろう」
「このシーンは何でこんなに感動できるんだろう」
「山田エルフ先生は何でこんなに可愛いんだろう」

 などなど。小説だけでなく、日常のふとした場面に対してでも可能な限りこのような考察を行って、それら見つけた各要素を天地人の三フォルダに分類してストックしておきます。そして実際に小説を書く際、自分の書きたいこと、書きたいシーンなどにそれを加える、或いは融合させるなどの形で肉付けする。このようにして僕は小説を作っています。

 ……なんか実際文字に起こしてみると当たり前のことしかやってないような。まあ良いでしょう。これを参考にするもよし、同士を見つけて安心するもよし、なんだお前今更こんなこと言ってんのか、と優越感に浸るもよし、です。あ、ただし最後のは出来れば僕のいないところでお願いします。
 とりあえず僕は、こんな風に普段書くための準備を整えているので、可能な限り良い物語に出会って、可能な限り様々な体験をしたいと思います。ただし面倒ではない範囲で。

 こんなところで今回は締めたいと思います。何かリクエストがあれば次回の更新で語るかもしれません。
 それでは皆さん、夏休み後半もどうぞお楽しみください!

Edit 22:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

次元断層から太陽暦を歪めて電波を飛ばしている系のアレ(自己紹介)

 どうも初めまして。情報一回生の③と申します。一応ここには初投稿ということになるのですが、先輩方の投稿を見ていると
「11月37日だからセーフ」
「次元の断層を通して電波を送り込んでいる」
等々の文言があり、多少担当期間より未来に送り込んでも不思議パワーで何とかなるようだと判断し、その結果、

 担当期間より過去に送り込んでみました。6月"中旬"担当、③です。

 では、阿呆をやらかしてなんか吹っ切れたところで自己紹介に移ります。

 読み方は「まるさん」で、三人集まると文殊どころかバカになるともっぱらの噂です。名前の由来は単純に高校時代の呼ばれ方をもじったもので、大変書くのが楽で個人的には気に入っているのですが、なんで下回生にさん付けせにゃならんのじゃ鎖骨砕けろ、という方は「まるし」と呼んでください。その場合は2.25人集まるとバカになります。

 どういう人間かというと基本的にオタクです。毎週ジャンプを立ち読みしアニメも見てラノベも読みさくる提督兼団長兼マスターな心ぴょんぴょんするフレンズと言えばおおむね分かっていただけるでしょうか。素晴らしい物語が大好物で、割とガチで人生のターニングポイントになったお話も数多くあります。二次元であれば性別年齢なんなら種族も割と問いません。最近の三大欲求はフォウ君を家で飼いたい、雑種になりたい、かかし状態になったひな子ちゃんの頭の上にみかんを乗せたい、です。実現の心当たりがある人はぜひお願いします。
 あとは、昨年度は他大学の二回生だったという謎の背景も所持しています。このあたりにも語ることは多いのですが、流石に分量がすでにやばいのでまた今度。自分の経歴に後悔はしていませんが、変に畏まる必要は特にないです。むしろからかい半分で自分のことを先輩呼びする人は、眼鏡をかけてデミサーヴァント化し、眼鏡をかけた上で声を高橋李依或いは種田梨沙に変えた後、眼鏡を装備し後輩系女子になって出直してきてください。

 ようやく創作活動に移ります。
 高校時代は主にゲームシナリオを書いたり、小説を執筆して適当なラノベ新人賞に応募し、箸或いは棒の端っこに引っかかったり引っかからなかったりしておりました。次はもうちょっと真ん中の方に引っかかるべく、現在プロットとか作成中です。何なら一緒にやってくれる人募集です。締め切りは8月31日なのでまだ間に合う。
 ただ、短編なるものの書き方がもうさっぱり分からないので、会誌とかの方に投げるかどうかはちょいと分かんないです。
 あとは、大学入ってから(二年前の方です)絵も手を出し始めました。ひと月ほど前にようやくペンタブに本格的に手を付け始めたところで、こちらは小説と比べて割と素人なので、強い人ぜひご教授をお願いします。服のシワの塗り方が、さっぱり分からないッ! ただ、6月になってから小説も本格始動して絵を描く時間が圧迫されてきているので、効率のいい自主休講の仕方もぜひご教授をお願いします。

 こんなところでしょうか。圧倒的なフラグ回収力を見せつけた結果合宿係に強制抜擢されてしまったので、それなりにこのサークルとは深い付き合いになりそうな気配です。正直僕に管理系の仕事を任せるとろくなことにならないので可能な限り仕事は回避していき――すいません失言でした。
 では、これからよろしくお願いします!

Edit 18:56 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

10月の担当は
中旬:START
下旬:米島
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR