京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2013-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

中旬…?ちょっと遅れたか!

どうも、もっちーにです。
そろそろNFが近付いて参りまして、自分も作品を公開できると思うと、少し楽しみであります。

 さて、今回もまた勝手に語ろうかなと思いますが、すらーっと流してくださって大いに結構です。
 コメント数は、一人がコメントしてくれる回数について、どんな方でも偏差値50、また平均回数と標準偏差は一致すると推定しています(笑)


 今回の話の内容は、面白い話って何だろう、という範囲に絞ろうと思います。あくまでも私が思う面白さなので、皆様の価値観に合うかは分かりませんが、そこはご了承を。

 私の読んだ作品の中で、特に感動したものを挙げろと言われると、私は、とあるケータイ小説(名は挙げませんが)と、島田清次郎氏の地上、村野四郎氏の亡羊記を選びます。これらの共通点を導き出してみると、私はそこに『人間』か『無情』を見た、ということが分かりました。


 『人間』とは何かというと、人間が最後まで持っている感情であったり、如何に人間が理性を繕っても溢れてしまうような暗い感情です。
 怒り、悲しみ、欲望、それらが綯い交ぜになったような、実にどす黒い感情――。これを最初に思い浮かべるかもしれませんが、私はそれではなく、性善説の如き、義憤とか優しさとか、そういったものが強く描かれるのが、好みです。絶望に支配された系でも、他の皆が怒りや恐怖に侵食されていても、自分の強さを持てる登場人物がいるというのは、とても強いなと思ってしまいます。

 『無情』とは、その世界に全くの救いが無いことを指しています。お前の希望論なんざ塵芥ほどの価値もありはせんのだと、世界は遥かに残酷なのだと、お前達は葦ほどの強さすらも持たぬのだと、現実を見せ付けられる感覚。どんな正論も力の前には屈服を強いられるのだ、そも正論などとお前は何の夢を見ているのだ、と言わん作者の怒濤の如き攻撃。
 刃となって降り注ぐ作者の言葉を受け止め、咀嚼し、我が物とすることが、私には堪らなく快感であります。


 私にとっては、物語はオマケです。肝心なのは、そこに付随する『力』だと思っています。人に疑問を持たせる力、人に行動を促す力、即ち人の心を揺さぶる力こそが、肝要なのだ、と。
 それを生み出すべく、私は精進しています。言葉の選択がまだまだ荒い所為で、雑な文章に過ぎませんが、これからもそんな風な事を考えながら、作品を生んでいこうと思っています――。

Edit 00:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

5月の担当は
上旬:作者代理人
中旬:オシヤス
下旬:伏屋
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR