京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

三月学概論

どうも、よしけむです。
最近はめっきりとあたたかくなってきて……、Tシャツと短パンでもいいじゃない? とか思っていた矢先にぴゅーっと冷えました。
まったくもって迷惑な話。
ぬくもるならすーっとぬくもって欲しいもんですな。
さて。
巷では三月が始まったという悪質な都市伝説がまことしやかに囁かれているようです。


あ、ところでBDドライブとBDソフトを買ったんですけど上手く再生出来ません。
もういっそのことPS3買っちゃえーとか思わないでもないけど……。流石にそれはないかな。


それでは、よしけむの27thエントリは三月は何故せわしないのかというお話。お暇な方はお付き合いいただければ幸い。
三月は終わりの月。
何かが終わる、そんなことが沢山ある月です。
かくいう僕も学部生活4年を終えて、一旦卒業と相成る次第であります。
ということで身辺整理とかしなきゃならないから忙しい、というのにとりあえず一票。
それにしても三月って忙しいです。
気がついたら終わってる気がします。
31日もあるなんて実は嘘でしょ?
実は3月の10日から20日くらいってのはタイムトンネルの中にだけ存在していて、一般人にとっては時間の流れを認識出来ないとかそんな変な現象が起きてるって言われても否定出来ないよ!
なんて下らないことを叫んでみます。
それほどまでに三月は忙しいのです。

閑話休題。
僕は個人的に、毎年三月に忙しい用事があるので特別忙しさを感じるという事情があります。
高校時分は管弦楽部に所属しておりました。
その管弦楽部が毎年三月に定期演奏会をしているものですから、高校に入ってからは三月は地獄。
毎年死ぬほど何かをしていた記憶があります。
練習だったり事務作業だったり。
三月が平穏だった試しなんて無いです。
鍛えられたという点では間違いなくそうなんですけども、いやはや、今思い返しても当時の自分はよくもまああんなに頑張れたなぁとほとほと呆れるばかりであります。
なんてことを思い出す程度に年を取った、大学四年生の春。
来月からは院生ですよ。信じられない! あんびりーばぼー。

かくも月日が流れるのは速いんですね。特に一月と二月と三月。
ほらほら。
昔から言うじゃないですか。一月は犬、二月は雉、三月は猿。
おあとがよろしくないようで。

Edit 22:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/142-42cc644b
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

11月の担当は
上旬:神無月
中旬:八橋
下旬:葱
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR