京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

王様と私。

どうも、樹林です。
今回は「死ぬまでにやりたい100のこと」19番、ドリアンを食べた話。
なぜ特にドリアンを食べたかったのかというと、たぶん「果物の王様」と言われていて、
それなりに高価だからだと思います。
つまりお題の一つにでもしないと、一生手を出さないだろうと思ったからです。
そこでさぁ入手しようと思ったのですが、どこで売っているのかわかりません。
こんな時に現代はネット通販があるから便利ですね。
楽天で買いました。送料込みで一玉3500円くらいです。
なお私の買ったところではタイ直送のため、注文してもすぐに届くわけではなかったです。

届いてみると、段ボール越しにもにおいが漂ってきました。
玉葱のようなにおい……? でも思っていたほど強烈ではありません。
風通しのよい暖かい場所に置いておかないと熟さないというので、
ポリ袋に入れて冷蔵庫に閉じ込めるわけにもいかず、
七畳一間の下宿の玄関において一晩越させました。
夜中に目が覚めた時は流石にちょっと息苦しかったです。
次の日の夕方に箱を開けてみると、皮が割れて実が覗いていました。

ドレアンワレタトコ

食べ頃か知るためには、「表面のトゲトゲを摘まんで、
くっつけられるくらい柔らかくなっていたらよい」とか
「木の棒で叩いてポクポクという音がしたらよい
(実が皮から離れて空洞ができているため)」とか言いますが、
割れてくれるとわかりやすいです。
包丁は使わなくても、房に沿って手で割ることができます。
中身は幾つかの房に分かれています。

フサ

でも素手で割ろうとすると棘が刺さってちょっと痛いです。
軍手とかあるといいと思います。

トリダシタ

房を取り出しました。
とても柔らかくて、指の圧力ですぐ形が崩れてしまいそうです。
包丁で切り分けようとしたのですが、なかなかうまくいきません。


タネ

というのも大きめの種が入っていたのでした。

モッタ

お皿に盛ったところ。
種と柔らかさの所為で、きれいに切って盛るのは難しいと言い訳してみます。
お味は……そうですね、カスタードクリームより少しフルーツっぽいというか……
「バナナ味のカスタードクリーム」という感じ?
非常にねっとりとした食感です。
食べてみるとさほどにおいは気になりません。
実じゃなくて皮のにおいだったのかな? と思うくらい。

一日で、半分を一人で食べました。
残りの半分は明日タッパに入れてサークルの例会に持っていこうと思い、
皮付きのまま元の箱に戻して玄関に置いておきました。
(房は内部の壁手仕切られているので、身が露出した状態にはなりません。)
それで次の日に開けてみたら皮に黴が生えていたわけです。
どうも、皮が割れたらその日のうちに食べるか、冷蔵庫に入れなければならないようですね。
因みに黴が生えていない(と思われる)部分は私が一人で美味しくいただきました。
お腹を壊さなくてよかったです。

まとめ。
ドリアンは、身構えているとそれほど臭くはない。
熟し方にもよるようだが、甘くて美味しい。
皮が割れたらさっさと食べないといけない。
そんな感じでしょうか。

そう言えば百貨店などでは一玉12000円くらいで売られていることもあるようです。
私が食べたのは送料抜きで2800円くらいですが、十分美味しかったですよ。
12000円のを食べたわけではないので、比較は出来ないですが。

そのうち「森のアイスクリーム」とよばれるアテモヤかテェリモヤに挑戦してみたいです。

 
* * * * * *

追記の追記。

ドリアンとアルコールは食べ合わせが悪いそうです。

どうしよう! お酒飲みながら食べちゃいましたよ! という話です。



別に何ともなかったです。

迷信とも言われているそうです。
でもお店の食べ方説明書にも
「ドリアンをビールと一緒に食べないように」
と書かれていました。
(樹林は食べ合わせについて全般的に迷信だと思っていました。)

調べてみると、
「ドリアンは胃の中で発酵するので、アルコールと混ざるとそれが急激に進んで発熱する」とか
「高カロリーなのでお酒と一緒に食べると高血糖になる」などという
説があるようでした。

真偽のほどはともかく、カロリーの高いものをお酒と一緒に
大量に食べるのはよくないですよね。
一人で半分は食べすぎだったかもしれません。
人によっては気分が悪くなることもあると思います。
私はやっぱり何ともなかったですが。


あと東南アジアの高級ホテルや飛行機では
ドリアンの持ち込みを禁止しているところもあるようです。
クロネコさん、半日保管させてしまってごめんなさい。

近年では臭いのきつくない「モノトーン」という品種もあるそうです。
モノトーンとは「黄金の枕」という意味だとか。

ドリアンをそのまま枕にする→刺さる
食べる部分を取り出して枕にする→潰れる

そんな感じです。(?)

Edit 18:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/169-a9d801b7
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

10月の担当は
中旬:START
下旬:米島
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR