京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

バックベアード

素でブログの存在を忘れていました。申し訳ございません。

とりあえず小説を読み、考えたことを書きましょう。「1000の小説とバックベアード」読んだので、これをテーマにします。佐藤友哉著、「1000の小説とバックベアード」。三島由紀夫賞受賞作です。


佐藤友哉はメフィスト賞でデビューしています。西尾維新(ジャンプで「めだかボックス」の原作してます)と同門です。ライトノベル系の賞を受けたわけですね。しかし彼は、三島由紀夫賞も受賞しているわけです。極端な例え方をすれば、電撃文庫でデビューして、芥川賞受賞するようなものです。


古典文学には古典文学の魅力があり、ライトノベルにはライトノベルの魅力があるわけです。前者の魅力に惹かれる人もいるし、後者の魅力に惹かれる人もいます。これは個々人好みの問題です。そして「1000の小説とバックベアード」はそうした好みの問題をものともしない作品です。作者は、ライトノベルのような雰囲気が漂わせつつ、文学に対する知識と思想が見え隠れします。作者の発想と想像力はライトノベルの様なぶっ飛んだ代物ですが、有名無名を問わず、文学者についての考察が行われます。純文学の魅力を感じましたし、ライトノベルの魅力も感じました。


世の中には本格ミステリ好きな人がいて、恋愛小説が好きな人がいて、SFが好きな人がいて、ファンタジーが好きな人がいて、アクションが好きな人がいます。
仮にミステリ要素のあり、SF要素があり、ファンタジー要素があり、アクション要素がある作品があるとします。
するとその作品は、ミステリ好きも、恋愛小説好きも、SF好きも、ファンタジー好きも、アクションが好きも惹きつけることになるのではないでしょうか。
上の例は極端ですが(実際には作れないでしょうよ、そんな話)、自分の専門外の魅力でも採り入れられる限りは採り入れるスタンスは重要と思います。より広範囲に受ける手段の模索は、より沢山の人に作品を読んでもらうことに繋がります。


人の作品を面白くないと捨て置く人はろくな作品を書けません。自分にとって面白くない作品の面白さを説明できる人は才能のある人になれます。自分にとっては面白くない作品でも、その作品の魅力を理解し、さらにその魅力を自分の作品生かすことのできる人は、正真正銘の天才になれます。

Edit 23:21 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

 

Comment

 
 

2010.10.17 Sun 22:09

知識不足ですいません。芥川賞に関しては適当に思いついた比喩です。実際に芥川賞について良く知ってるわけじゃないです。ホントに勉強足りませんで…
「好き好き大好き超愛してる」は読みましたが、なるほどあの人も受賞ですか。許容範囲広いですね、三島由紀夫賞。
まぁ、無理なことってのも想像してみるのは楽しいです。そういう作品があったらなぁっていう夢みたいなもんです。
  • #-
  • 椎名
  • [URL]
  • [Edit]

2010.10.14 Thu 01:56

芥川賞は表向き新人賞なところもあるんでできたらすごいっつうよりはできるわけないんじゃねーか? って感じかな。
で、直木賞のほうだとファミ通文庫でデビューした桜庭一樹などいたりしますが。
三島由紀夫賞は許容範囲広いほうだからね。舞城王太郎に東浩紀も受賞してるし。
  • #Ybw1CIdM
  • 喜多川己氏
  • [URL]
  • [Edit]

2010.10.13 Wed 17:49

「このロリコンどもめ!」で検索かけるのオススメ。
水木先生は偉大です。
  • #-
  • 八墓ゆう
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/187-c127cee2
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

8月の担当は
上旬:八橋大社
中旬:雪雫
下旬:野保留仁
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR