京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

創造力が停滞しているころの記事

 前の記事がなんかいいことゆってたから書きたくなった。っていってもたいしたこと書かないけど。

 生活リズムってどうしてこんなに規則的になろうとしないんだろうって思ったりする。夜寝られない、朝起きられない、昼眠くなる。どれをとっても悪い方向にしかいかないし。いっそ夜更かしを究めて、一周回して早寝に変えてしまったら、と思うと昼爆睡して夜型生活が始まるし。
 たいていの用事は夜1時までに終わってくれてるし、一限だろうか朝練だろうが無理なく出られるはずなのに。不思議ですね~。

 NFに向けた冊子の締切がせまってるけど、何も書けてない。きっかけを模索中。
 ってことで単語リレーやってみた。たぶん八村さんの記事から。食いついた語句が一つ。
キャラクター作り

 難問。一つには、やっぱりちゃんと動いてくれない。どうしてもぎこちないんだよなー。それと、たいていどっかで見たことあるキャラになってる。そりゃ今の時代完全に新しいキャラなんてでないだろうけど。それでも「これあの子じゃん」とかにしかならない。
 開き直ればどんなキャラでも出てくるだろうよ。「常に円周率をつぶやき続ける女の子」とか「ふだんデレっとしてるのに本心でツンツンするデレツン女の子」とか「基本、拡声器をつかってしゃべる女の子」とか「主食がセミの抜け殻の女の子」とか。でもこれ、需要はあるのか? セミの抜け殻をむしゃむしゃで萌えるか? ……拡声器はありかな。

 新しすぎることは恐れちゃいけないのかもしれない。問題はそこからいかに物語を作るか。「セミの子は昔まずしくて……」やっぱむずい。「円周率の子は実はアンドロイドで電算プログラムが……」ありかも……、やっぱなし。いや、ありかも。作ってみよ。「拡声器の子が主人公を助けたい思いで拡声器なしで大声を……」ありだけどなんか予測できるよね。
 物語作りにキャラから入るのもありかなと思った今日この頃でした。書ける。書ける気がする。
 

Edit 14:09 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/190-1420529d
単語リレー。思えばずいぶん前の記事ですね。(=ω=.)遠い目 >円周率 円周率でマンガを描くのはホネが折れそうですが、すごい抽象的な意味でこれをネタにすることはできるかもしれないですね。それはともか...
2011.01.21 18:18
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

5月の担当は
上旬:作者代理人
中旬:オシヤス
下旬:伏屋
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR