京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

言葉の選択

こんにちは。忍家です。初めて書きます。
本当は今月の中旬のブログ担当でした。
ハルさんが書くタイミングを失ったみたいですみません。
なんか最近色んな人に迷惑かけてばっかだなぁと思いつつ
生まれてこの方迷惑しかかけてないなぁとも思い起こす。
他にかけるものといえば同情とかビールとかありますが、
ビールとか、かける日が来るのか・・
いつ来るのだろう・・・と思ったり。

さてさて。
意味のよくわからないことを書いてもいいと言われたので
意味不明なことを書きたいと思います。
普段から意味の分からないことばかり考えていて、
自分でも意味が分からないことだと思っているので
人に話題を振れられないことばかりです。
一体会話ってぇやつは、どうできているのでやんしょ?

という話はどうでもよくて、私が話したいことは
いわゆる、言葉の乱れです。
もちろん自分自身今自分が使っている言葉が
正しいかどうかなんてわかりません。
私が考えたのは言葉が常々変化していく中で、
将来どういう言葉が残っていくのだろう、
ということなのです。
「チョー〇〇ナンデスケド」とか「マジデ、ウケルゥー」などの
新ら・・新しい言葉が生まれていく中で
人類最後の時までに残っている言葉とはどのような
言葉なのでしょうか。

濁点が付いている単語が最有力だと思います。
濁点は人の印象に深く残ります。
「マジデ」とか「ダッセー」などがこれにあたります。
おそらくこれから先濁点の付いた言葉が
横領する時代がやってくると思われます。

しかし他の言葉も負けてはいないでしょう。
濁点が蔓延る時代でめきめきと頭角を現すのが、そう
半濁点です。
半濁点には人々に希少価値であるという認識を
与えます。
ポケモンでいう「ピッピ」や「プリン」などが
いい例でしょう。
人は希少な存在に心を奪われますから
きっとそんな時代に半濁点が付いた言葉が
沢山うまれるでしょう。

沢山生まれた結果、人の嗜好は既存の言葉へと
還っていく・・・。
そう考えれば事態はより一層複雑になって
これはもうわからないな…と
 

そこまで考えて、まあ、そうだな


何考えているんだろう、私。

と長文になってしまいました。
失礼します。

Edit 00:43 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

 

Comment

 
 

2011.06.30 Thu 22:54

いきなり急かして書かせるような真似してすいませんでした。次から早く連絡が行くようにします。
  • #-
  • 椎名
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/236-1d77ec1d
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

6月の担当は
上旬:START
中旬:③
下旬:押野
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR