京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

遅くなりました

最近は買ったばかりのCod:MW3しかやってなくて生活が崩壊してるフーフーです。
どうでもいいですね。

それはそうとして、明日から(時間的には今日)NFです!!
当サークルでは、京大の吉田南キャンパス4共23で、「創作屋さん」という企画を行なっています。

kanban
(看板のような何か)

冊子の販売や、お絵かきコーナーの設置をしています。
お気軽にお越しくださいませ!

-----------------------
それでもって全く関係ないのですが、嘉多山さんの記事に触発されて、お絵かき講座的な何かを。
といっても自分もわけわかってない事ばかりなので、もし良ければアドバイス下さい。切実に。

○塗り○
完全に好み、といってしまうと元も子もないのですが。

個人的には adobe kuler というサイトが便利だと思います。
http://kuler.adobe.com/#create/fromacolor

kuler

英語ですが、なんとなく使ってれば言わんとすることはわかると思います。
配色規則(トライアドとか補色とか)と、メインカラーを決めることで、使うべき色が並んで出てくるといった感じです。
ただ、あくまで参考程度にという感じです。



あとは、
・色のまとまりがない
→一番上のレイヤーにオーバレイでイメージカラーを乗せる。(ただ、単調な印象になってしまいます)
overlay
beforeafter


→全体の彩度を下げる。極端だと、ほとんど白黒にして、アクセントとして有彩色を使う。これが一種手っ取り早いです。
yandere


・逆にメリハリがない
→スミ入れをする。縁取りをする。
→明度、彩度の変化を強くする。 コントラストを上げる。
→彩度の高い補色を入れる。 (ごめんなさい僕にはできません。バランスが難しいです。)
当然といえば当然です、すいません。
あとは
→色相グラデーションをオーバレイで掛ける。(とっても華やかになる。オレンジ→青とかの、暖色→寒色がオススメ。)
→色陰効果を利用する。あとは空気遠近法とか。(要するに、影とか遠くを青みがからせる。詳細はぐぐってください。)


他にも影の塗り方とかハイライトとか書こうと思ったのですが、気力ががg
また書きたいです。そのうちかきます、多分。

あと、どなたか目の塗り方教えてください...

Edit 03:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/256-26068c8a
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

4月の担当は
上旬:多紋
中旬:野保留仁
下旬:神無月
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR