京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

かつての友人

特に書くこともないので、変人ホイホイと呼ばれた奇山が、かつての友達を一人紹介したいと思います。

彼は非常にスペックの高い男でした。頭も良く運動神経も抜群なのですが、そのせいか逆に普段は何事も手を抜いて行い、かつ他人を見下して嘲笑うのが趣味の男でした。
ついでに、世の中の全てをつまらないと思っている節があり、そこからの逃避を兼ねて日々凄まじい数の本を消費している男でした。

本当は彼はそれなりに良い奴だったのだろうと奇山は今でも信じていますが、外面的には、まぁはっきり言いますと、完全に人間の屑でした。

というか、俺もあんまりに彼が屑過ぎて会いたくないなあと思った時期さえあったやもしれません。

そんな彼は、当時から作家になりたいと息巻いていた俺の小説のアドバイザーでした。
そしてこれは、忘れもしない第一作目を彼に見せた時のことです。

彼は受け取った俺の原稿(紙に印刷したもの)をトントンと揃え、中に目を通す前に俺に問いました。
「これ、面白いの?」
「……え? いや、その、まぁほどほど、かな。いや、面白くないかもしれんけど……」
当然第一作目からそんな自信があるわけもなく、しどろもどろに答えると、
「面白くないかもしれない物をこの俺に見せるとか、お前舐めてるの? 読者様に対して失礼だと思わないの?」
冗談でもなんでもなく、真顔でキレられました。
「……で、これ、面白いの?」
彼は再び問うて来ます。許される答えはもう一つしかありません。
「……面白いです」

そして読み終わった彼は、期待と不安に胸を膨らませる俺に向かってまず一言。
「ゴミが」
心が折れる音がしました。
「まぁ、本音は置いておくとして、で、これは何を書きたかったの?」
折れた心が砕ける音がしました。
「えーと、その、ですね。主人公とヒロインとの変化を通してここはこういうテーマを……」
テーマを自分で説明するとか、最大級の羞恥プレイです。もう死ねます。

この後も彼は原稿を見せるたびにこういった辛辣な言葉を投げつけてき続けました。

だけど、今となっては彼には感謝しています。
彼の指摘は、字書きが面と向かうのを嫌って逃げようとする、だけど向かわなければならないであろう場所を突いていたように思うからです。

というわけで、例えいけ好かない屑のような人間でも、後になって見れば学ぶべき点や影響を受けた点があったり、出逢いというヤツは無駄にはならないもんなんだなぁ、と、なんだかいい話風味で纏めてみます。

今回はこの辺りで失礼します

Edit 23:59 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

 

Comment

 
 

2012.08.27 Mon 09:24

>八墓さん
……負けました。ホイホイスキルを磨いて出直してきます

>荒波くん
嫌いなのは確かにアイツの影響かも。
あと、俺は一時期とある携帯小説サイトでレビュアーやってたことがあって、その時は二日に一作ぐらいレビュー書いてたから感想をオブラートに包む余裕が無くて、それがそのまま染みついちゃったっていうのもある。
荒波くんの作品が更に良い物となることを願っています
  • #EPGSO83.
  • 奇山寄影
  • [URL]
  • [Edit]

2012.08.27 Mon 08:55

八墓さま……ww
「佐藤さん(仮)」のお話はこの前例会でおききした気はしますが、やっぱり変な方なんですね(^_^;)

まぁ本当の変人がどういう人のことを指すのかはともかく、
変さのベクトルが違うだけで誰も彼も皆なにかしらの点で変人なのではないでしょうか?
奇山さまだって八墓さまだって、傍から見ている個性的な方やなーって思いますもの(どこがどうとは言いませんが。ていうか私はむしろどこかに個性のない人間なんか生きてる価値ないよねーと考えているクチなのであれですが)。
だからあんまり人のことを蔑むような口調で変人呼ばわりするのは好きじゃないです。

それはそうと、奇山さまが「感想をオブラートに包むのが苦手(というか嫌い)」とおっしゃるのも、そのお友達の影響なのではないでしょうか?
現に拙作「雛鳥」に関してはピンポイントながらも辛辣で耳(というか目)が痛くなるようなツッコミをちょうだいしましたし(苦笑)
でも「今となっては」と奇山さまが書いていらっしゃるように、いつか私も奇山さまや美崎さまに心から感謝する日がくると信じています(今はまだメンタル面のリハビリ段階ですがww)。

長文および乱文失礼しました。
  • #.afUJbfk
  • 荒波速潮
  • [URL]
  • [Edit]

2012.08.27 Mon 02:33人生経験の差

本当の変人というのはこういうものだ!
http://meishomitei.blog23.fc2.com/blog-entry-193.html
まあ一回りも年下相手に威張ることじゃあないな。
  • #mQop/nM.
  • 八墓ゆう
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/299-21ebfd6e
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

10月の担当は
中旬:START
下旬:米島
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR