京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

灼熱から逃げられない

どうも御無沙汰しております、現井です。最近は溶けて蒸発するのが先か、黒炭と化すのが先か、真剣に心配しています。日陰が暑いってどういうことなんでしょう。
こういう時は引きこもって創作活動がはかどりますね、と笑顔で言っておいてどうでもよいことをだらっと。
唐突ですが私は日本装束が好きです。現代的な和服も良いですが、最近はもっぱら平安装束です。直衣とか狩衣とか水干とか女房装束(十二単)とか、高校古文の授業で読みだけ習ったりするあれです。
昔の装束は、服の種類から始まって生地、色、柄に至るまで、場面、階級、年齢、既婚・未婚の別などでかなり細かく定められていました。そしてまた服の色柄種類の組み合わせにも法則があり……と、とにかくややこしい。

で、なんでこんなことを言い始めたかといいますと、創作において現実にどこまで沿うべきか、が悩ましいと感じるのです。
装束を調べて、テンションが上がって、どばっと描きなぐる。しかしどこまで忠実に描くか。ありのままの装束が好きだから派手な改造はしたくない、だからって髪型まで忠実に再現してしまうとコミックイラスト要素弱くてどうしても地味になる、だいたい調べるたびに自分の間違いに気づくんだから今さら忠実とか考察とかしてもでもなんちゃって装束はいやだ、なんてぐるぐると。
結果、狐耳の生えた金髪少年がスタンダードな水干をほぼそのまま着込むという謎の構図が出来上がるのです。切ない。

こういう葛藤は、絵描きさんにも字書きさんにもある程度あるんじゃないかな、と思います。
特にファンタジー要素の強いものは何から何まで作者が規定できますね。服装や慣習や言語から、気候や生き物や魔法や、はては太陽の数まで、作者の自由です。どういう気候だとどういう民族の傾向があるとか、物理法則にどの程度まで逆らうかとか、世界を根本から構築するっていうのは大変な作業です。

とは言っても、じゃあ実際創作するときに、そんな壮大なことを考えているかというと、そうでもない気がします。
こういうのかきたい! と思う。かきたいものについてばっかり考える。そのうち、そのかきたいものを取り巻く風景なり世界なりがぼんやり見えてくる。というか無理にでも見つける。
あとはもう勢いと体力と愛情。こだわるところはこだわって、余りは適当になじませる。適当も大事です。

どうしようかと立ち止まるより、とりあえず譲れないものだけ握りしめて、あちこち走り回ってみて、自分なりのバランスを見つけるのが一番かもしれませんね。

まとめ:みんな水干着ようよ!

Edit 10:55 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

 

Comment

 
 

2013.07.16 Tue 23:47

わ、私には女装の趣味はございませんので、先輩方に丸投げしますっ!(←薄情)

世界設定ですか。基本的には考えていませんね。天啓と共に書くので、結末すらも分からないままに書いてます。
或いは、先に全部考えてしまうかですね。最初に投稿させていただいた作品はそちらに該当します。その代わり、思想が消えてしまうのがいつもの癖ですね・・・。
  • #hon97yRM
  • もっちーに
  • [URL]
  • [Edit]

2013.07.15 Mon 22:11

そうか、それは(前者が)楽しみですね。君も穿いていいのよ…?

タイマー付き心肺蘇生装置とか市販していればよいのになと思いました。
  • #-
  • 現井
  • [URL]
  • [Edit]

2013.07.11 Thu 21:04

そうか、今年のNFでは奇山さんがスカート穿いて(女装)、現井さんが水干を着る(男装)するのか。楽しみ。

暑くて仕方ないときは、一度心臓を止めてみるといいと思いますよ。

世界設定は、バッと思いついた一場面から、登場人物が動いてくれることで芋蔓式に出てきます。私の場合。登場人物が止まってしまったときが辛いんだ。。。
  • #-
  • 燕子花
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/372-b5672bfa
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

10月の担当は
中旬:START
下旬:米島
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR