京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

何もない、なんでもない

どうも、初詣のおみくじは引いてません、燕子花です。
そもそも神社の境内を素通りしただけなので詣ったいえない気もしますが置いときましょう。

と第一声を公木さんのと被せてみたところで新年の挨拶、よろしくお願いします。はい。さらりといきましょう。

そしてそして今回の記事。このブログをチェックしてくださってる方がいらっしゃればお分かりになられると思うのですが、年末辺りに熱い? 創作姿勢の応酬がありました。その時はここで私も! とかすると芸がないなー。とか思ったのですが、ここらでぶり返しても良かでは? ということで、創作姿勢という程でもない何かを。
 そもそも、なぜ創作姿勢なんて身の程知らずなことを話題にしようと私が思ったことの理由なんですが、その一因は『パスティーシュ』という企画があるのです。「パスティーシュ」の原義は今一知らないのですが、やることは、未定会員の誰かの作風を模倣するということ。これは中々楽しみですな、如何様な作品が登場するのか。。。
 で、模倣するということは作風、創作姿勢を知ること(自分なりにこんなんかな? と思うこと)が必要なのかなということで振り返ってみようということです。
 さて、建前は終わったところで残りの九因も暴露しましょうか。ズバリ、私も垂れ流したかった。以上っ

 本題に入りましょう。どんな作品が作りたいかですね。思いつく限り上げてみましょうか。

①抉りたい
 誰か、コアな読者の心を私の作品が抉れたらいいなと思います。こう、なんかグッと来た。なんかいい。そんな感じに思ってくれる読者がいてもらえるような作品。

②熱を持って欲しい
 登場人物の生きている熱を大切にしたいです。こう、作者という神が操ってるんじゃなくて、勝手に口走りやがったり、しでかしやがったりする感じで。上下じゃなく対等で接したいですね。

③阿呆やりたい
 おそらく私は真面目続けると死んじゃうので(したくないし)、阿呆な会話なり行動なりを空想の彼ら彼女らとやりたいですね。

 ・・・・・・、うーん、こんなとこでしょうか。何も考えず思いつきで小説も、この記事も書いてる以上、大したことも語れないですね。語るものがない。すっからかんの張りぼてぼてーな感じで藻屑並に流されている気がします。ゆく時の私は絶えずして・・・

 いやしかし、これならば私を模倣するのは簡単では? 要は頭をすっからかんにして空想の彼ら彼女と阿呆やってれば・・・、出来ないか。私が出来てないんだし。

 相も変わらずぐだーな感じですが、そろそろ戻ろうかな。〆切ぶち破ってできていない作品が今目の前にあってですね、その子を会誌に載せるには編集作業をこなしつつ印刷までに仕上げないとでしてね、えぇ。

最後ぐらいはきっちり締めましょう!

―― 今年もよろしくお願いします!! ――

Edit 21:10 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

 

Comment

 
 

2014.01.19 Sun 16:29

 私の作品の書き方と極めて近い。読んだ人の心を抉りたいとか、正に私の発想です。……ナニ、抉るの意味が違う?ははは、またまたそんなご冗談を……。

 私も、登場人物が勝手に動くのを待つことが少なくありません。その結果、大事件が起きている気がしなくもないですが、それはご愛嬌。

 何だか所感を書くことがブームのようですので、私もまたいつか書くことにしましょう。私からは……そうですね、読書感想文でも。
  • #hon97yRM
  • もっちーに
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/397-dac04337
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

4月の担当は
上旬:多紋
中旬:野保留仁
下旬:神無月
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR