京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

ラーメンの話

未定のメンツを誘って東大路二条の辺りにある「からこ」つうラーメン屋に行きました。自分はラーメンが好きなので結構回ります。今日はラーメンの話。

京都のラーメン屋はとんこつが多い傾向。「からこ」もとんこつです。スープはあっさりめなのかなあ、塩けが薄くガシガシのめる感じ。ストレート麺ともあって量を食えそうです。チャーシューもなかなかいける。
「からこ」はから揚げが熱い!五人で行ったのですけれど、五人以上でラーメンを頼むと特大から揚げがついてきます。しかも二個も!ラーメンにご飯とから揚げ三個ついてくるラーメン定職というセットを頼むとから揚げがあわせて五個も!大変肉肉しいところです。しかも安い!大学に近い立地となっているので、学生たちに食わせるようにできているのでしょうね。定休日はたしか火曜だったと思う。

百万遍を北西に入ったところにある「ろおじ」というラーメン屋(正確にはつけ麺屋)も量を多くできます。同じ価格で麺の量を200~400gで調節できます。プラス100円で追加もできる!「ろおじ」はたしか中京区の「麺や高倉二条」ちうつけ麺屋の系列店だそうですが、「高倉二条」ではそういうのはなかったです。やはり立地だろうか。
つけ麺のスープは魚介系のもの。麺を食べてから店の人に頼むと、スープを出汁で割ってくれます。それぐらい自信のあるスープってことなんだろうな。京都ではちょっと異色かもしれません。魚介系ね。

京都のラーメン屋ということであれば天一を語らず京都ラーメン界を語ったことにはなりません。全国チェーン天下一品の総本店も左京区にある。北大路白川あたり。すぐ近くには王将もありますよね。
天一のラーメンといえば超濃厚なとんこつ。比喩でなく本当にスープに箸が立ちます。麺に絡みつくこの特濃スープ!病み付きになります。ただ、ここまで行くとこれは本当にラーメンなのだろうか。天一という食べ物なのではないだろうか。定休日は確か木曜だったはず。よく間違えて行きます。
天一は今出川にも銀閣寺支店がありましたが、こちらは休業中です。

北白川にもラーメン屋が多いですよね。「東龍」も北白川、別当付近。御影通りのあたり。
「東龍」は塩ラーメンということですがこれは結構こってりしている感があります。縮れ麺がうまい。こってりなのだけれどいやらしさがないので、女性にも大人気!と雑誌に書いてあった。なんでL magazine休刊したんだよ……。まあいいや、実食しないと。ホントかどうか行って確かめることをお勧めします。

「東龍」のはす向かいには「黒田屋」というラーメン屋があるそうな。自分は行ったことないのですけれど、ここは地獄ラーメンというからーいラーメンが出るそうです。坦坦麺?いや、わかんないけど。今度行って見なきゃな。

そして「黒田屋」から少し南に下ったところにはラーメン屋「あかつき」。屋台感のあふれる小さなラーメン屋ですが、なかなか旨い。ベーシックなとんこつだと思う。こってりしているのだけれど、するりと腹に収まる、不思議なラーメンです。少し重たい気はする。気分で「あかつき」「東龍」を食べ比べましょう。
ここは深夜三時まで開いてます。夜食を食いに行ったり。

北白川のあたりはラーメン屋の密集地ですが、左京区にはもうひとつラーメン屋の激戦区があります。それは一乗寺。学生向けのところも多いようです。
自分がひいきにしているのは「高安」。数年前に改装オープンしたそうで、なんかよく分からない内装になってます。ラーメン屋なのにディズニーの映画が流れてたりする。
ここも「からこ」と同じでから揚げの量がはんぱないです。から揚げ定食はラーメンとご飯とから揚げ三つ。こぶし大のから揚げが、ごろんと。わけが分からない。満腹必至。ラーメンはやはりとんこつベース。この記事では多分天一の次ぐらいにこってりしてる。ご飯が進みます。

一乗寺の店舗をもう一軒。「天天有」というところ。ここもなかなか旨いけれど、日によってあたりはずれがある感じです。旨いときは旨い。とんこつベース。午後八時とか九時に行くと薄いスープですが、深夜一時ぐらいに行くと煮詰まって濃いスープになるみたいです。

叡山電鉄茶山駅の近くにも「紫蔵」というラーメン屋が。
ここのスープはとても独特です。とんこつベースなのだけど、なんというのだろう、「つるっ」としている?というか。麺ではなく、スープが「つるっ」としている。もったりとしているので、ともすれば味噌のようにも感じられるのだけれど、そこはホレ、とんこつ。骨太な味ですわ。横浜発祥の「我が家系」ラーメンという系統に属しているというけれども、どうなんかな。太麺とのなんともいえないコンビネーション。変り種、が食べたければここへどうぞ。

Edit 01:47 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

 

Comment

 
 

2009.05.18 Mon 16:11

なんか知らないが関西ではつけ麺の知名度、認知度が低いですな。
家系のラーメンも京都にありましたか。情報thx。
来てから三年になりますがまだまだ未知のラーメン屋が多い。
  • #-
  • 八墓ゆう
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/53-302e188c
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

5月の担当は
上旬:作者代理人
中旬:オシヤス
下旬:伏屋
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR