fc2ブログ
 

 京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2021-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

超歌舞伎のお話

 まだ八月ですよね。八月ですよね。ですよね(圧)。
 
 折角八月下旬の担当になったのですし、8月31日が誕生日の初音ミクさんのお話でもしようと思っていたら、九月になってしまって、本当にすみません。なんだろ、毎回謝ってる気がs
 そうこうしている間に、京都南座で超歌舞伎を見に行くことになりまして、そうだその話を書こうと思い立ったわけです。
 超歌舞伎とは、伝統的な歌舞伎とデジタルが融合した新しい歌舞伎です。具体的に書きますと、ミクさんと歌舞伎役者さんたちが演じる歌舞伎です。バーチャルシンガーのミクさんと現実の歌舞伎役者さんがどのように一緒の舞台に立つかといいますと、舞台上に大きな電子パネルが置かれまして、そこに出てきます。

 当日、朝十時頃。胸を躍らせながら京都南座に着くと、そこは既に独特の雰囲気。ミクさんの法被を着た人、キャラTを身に着けた人、中には日本人形サイズのミクさんドールを持っている人まで。こちらのテンションも上がります。
 しばらくして開場すると、皆一斉にグッズ売り場へ。さながらコミケ会場です。それなりの長蛇の列を乗り越え、ペンライトやアクリルキーホルダー等をゲット。ペンライトは超歌舞伎中に使えます。
 演目は、御伽草紙戀姿絵(おとぎぞうしこいのすがたえ)。ミクさん扮する七綾太夫と、中村獅童さんが演じる源頼光との恋物語です。七綾太夫の正体は、平将門の娘、七綾姫。将門を討ち取った頼光に敵討ちするため遊女となって近づきましたが、本当に恋に落ちてしまいます。その後、盗賊に殺されかけた七綾太夫は、日本を魔界にしようとする物の怪の手により、頼光を恨む女郎蜘蛛へと変容し……。
 

 まじで面白かったです。語彙力が消失してますが、本当に面白かったです。劇中歌の「ロミオとシンデレラ」も、大変話に合っていて、更に好きな曲となりました。
 九月中は概ねやっているようなので、もし興味が湧いたもの好きな方がいらっしゃいましたら、是非見てみてください。リンク張っておきます。
https://chokabuki.jp/minamiza/

Edit 02:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

Comment

 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

 

Trackback

 
 
http://meishomitei.blog23.fc2.com/tb.php/665-d9f6a159
 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

今月の担当は
上旬:たろと
中旬:ナカジマ杓子
下旬:葱
です。

 

最新記事

 
 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 

 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR