京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2017-03

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

考えるということからの脱却について考える序論


最近日増しに寒くなってまいります。みなさま風邪など引かれませんよう。
さて、12月上旬担当の方がまだ記事をアップされておりませんが、中旬に入ってしまったので先に投稿してしまいます。

今回は考えるということ、それから脱却しうる方法について、考えてみたい所存です。

考えることを脱却する方法を考えることによって得る。この矛盾を前提とした作業がどこまで意義を持ちうるかということは、人によって受け取り方が異なるのではないかと思います。厳密に科学的な方法――そのモデルとして私は数学の証明を思い浮かべるのですが――の場合、前提となる条件に矛盾が生じている場合、そこから導かれる帰結もまた何らかの形で矛盾を抱えたものにならざるを得ないことと思います。証明は無に帰します。

しかしながら、言語によってこの過程を表現した場合、それは全然無であるとは言えません。なぜならそこに一つの進行があるからです。

内的矛盾を抱えていても物事として存在していて、それが他への影響をあたえる限りでは、その存在意義がまったくゼロになるということは考えにくいと思います。例えば神様ということも、あらゆる矛盾した前提から帰結する存在ではありますが、その存在が人々に与える影響は限りなく大きいのですから。

前置きが長くなりましたが、そもそも考えるということを脱却する必要性があるのかどうか、あるいは絶対的な必然性がないとしてもそこに何らかの意義があるのかどうか、それをまずは考えてみたいと思います。

考えることは人間に必要なことです。しかし、考えることによって何か発生するデメリットはあるでしょうか。それは「考え疲れ」です。考えすぎると人は疲れるのです。これは経験的に知られることであって多くの人が同意することでしょうが、必ずしも万人に当てはまることではないでしょう。

しかし、考え疲れからの脱却、これだけでも多くの人に「考えないこと」がもたらす良い効果であることは否定されません。そこで今回は、考え疲れを起こした人を対象に、その方たち向けに考えることを脱する方法を提供できればと思います。考えないことのもたらす効用はこれ以外にも種種雑多あるでしょうが、それは各人がこの方法を手に入れた上で、どう使うかを考えればよいことでしょう。

ただし、以下でその方法にたどり着けるかどうかは、保証できません。

さて、考えるということが現実生活をする上で非常に有効な手段であることは疑いありません。人が生きていく上で、考えずに物事を運ぶことはほとんどありません。また、普通に「何も考えていない」と私達が呼ぶような意識状態下にある場合でも、実際には何か専念しなければならないこととは別のことを考えているという状態であることが、非常に多いように思います。

勿論、全然何も考えていないという状態もまた存在するかもしれません。しかし私たちは何も考えていない状態の自分の考えを想起することは原理的に不可能です。なぜなら何も考えていないのですから。後から考えて、あの時何も考えていなかった、と思うにしても、それが本当に何も考えていなかったのか、あるいは何かぼんやりとでも考え事をしていたのかを判別することは、非常に難しいです。もし何も考えていない状態の残滓があるとすれば、それは「ハッと我に返る」ときだけでしょうが、それも全くの無思考状態から我に返ったのか、それとも別の思考から我に帰る思考にゆきついたのかを判別することは、極めて困難です。

故に、「考えない」ということ自体、それを実際に意識的に実行する(この時点で矛盾が生じます)ことは、不可能です。それは意識的でない形で達成するか、あるいは意識的にしても、「考えないようにする」という形での意識下において達成することはできず、「混濁的」な意識を意識的に発生することによって達成するしかありません。意識的に混濁を引き起こすということが、必ずしも考えないことにつながるとは限りませんが(考えが錯綜した状態に留まる可能性もあります)、もし混濁を発生させるとしたら、それにはどのような方法があるでしょうか。

最も手っ取り早い方法は、考える装置である身体に対して何らかの物理的な刺激を与え、それによって混濁を引き起こすことであろうかと思います。薬物、殴打、その他。これに関しては様々な方法が挙げられるでしょうが、もっとも確実に考えないようにする方法は、死ぬことでしょう。多く世間で考えられているように、肉体が死を迎えると意識が消滅するという科学的見地に立てば、それほどシンプルな方法はありません。

しかし、人間は考えることによって生きており、考えることが我々に大きな効用をもたらすことは、先に述べたとおりですし、多くの方が同意してくださることと思います。また、意識そのものが消滅してしまった場合、考えないということは実現されるかもしれませんが、その効用を享受する意識主体が消滅してしまうので、その効用は空中分解してしまうでしょう。(このことから考えると、考えないことには厳密には主体が必要ない――そもそも考えないということは非存在なのだから当然ですが――という事実が明らかになりますが、それはまた別の話です。)

……

Edit 21:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

NF

NFお疲れ様でした、11月下旬担当ののぼるじんです。はしゃぎ過ぎて風邪気味です……



NF期間中、「創作屋さん」に来てくださった方、さらに絵しりとりやリレー小説などで遊んでくれた方、そして会誌を買ってくださった方、本当に、本当にありがとうございました!

皆さんに楽しんでいただけたなら本当に嬉しいことです……(僕らも楽しかったです)



もし会誌の感想や意見、その他質問など色々ございましたらホームページ http://creation.soragoto.net の掲示板やツイッターアカウント @meishomitei にリプライを飛ばしていただけると創作のモチベーションや今後の参考になるので大変助かります!!

面白かった、つまらなかっただけでも嬉しい感想です、「どこが」や「どう」の感想もあればもっと嬉しいです。(少なくとも僕は)

また、今後のイベントや新刊の情報などを発信していくのでツイッターでフォローしていただけると嬉しいです!



今回NFに来られなかったという方も心配ありません!

名称未定は今年の冬コミに参加させていただくので(報告遅れました)またお会いしましょう!

3日目東W55aにてお待ちしております〜〜


以上、NFお疲れ様でしたと冬コミ頑張りますのブログでした〜〜

またどこかで〜〜

あっ、最近ミリペン買いました。

Edit 22:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

NF俳句総括とかなんとか。

盛り上がったNFもあっという間に終わったようですが、私は後半ずっと風邪で寝ていました。どうも大雅です。

今回のNFでも、俳句(短歌や川柳もオッケーだったような気がしますが、結果的には五七五がいっぱい集まりましたね)の企画をやらせていただきましたので、そのご報告です。
昨年からアップデートしまして、四つのお題を一日ごとという形から、四日とも全てのお題で句を作れるようにしたのですが、結果としては大正解だったんじゃないかな、と思う所存でございます。それでは、以下、コメント添えつつ全句掲載いたします!

お題<臍(へそ)>

息白し地球の臍はこの私

息が白い。寒い。冬だ。私が中心だ。

へそのごま削って売れば大当たり

アイドルとかならオークションだしたら売れそう。

へそで茶を沸かしてみせたへー、そうなん

そうなんやで。


お題<眼鏡>

添加物?いやいや一つの萌え要素

体に害はありません。

眼鏡(ホンタイ)を替えた私はわたしかな?

私以外私じゃないですからねえ。

レンズ割れツルも折れたる夏の鴨川

悲惨だけど、夏なのでちょっと爽快。でも修理代が悲しい。

女子の顔メガネかけばカワユすな

絵師のテクニックですな。

別人と認識されるコンタクト


私は万年メガネですが、コンタクトにしたら別人になれるでしょうか。


お題<写真>

紅葉散る切り取られし日が懐かしき

あの頃を思い出す。NFで紅葉もだいぶ散っちゃいましたね。

美しいもすぐりいんはレンズ越し

カメラマンの目は何を見る。

逆光でしかもブレてて手がうつる

でも楽しげですよ。いいじゃないですか。

一秒の時の隙間を押し込める

写真は瞬間芸術。俳句もまた。

かわいいか?縮小した目にひずむ顔

ちょっとこわいかも。


お題<カピバラ>

カピバラや柚子湯飛び込む意気もなし

へっぴり腰やな。しゃんとせんかい。

カピバラにのりたし冬の夜の灯(ともし)

ぼうっと暗い。カピバラに乗りたい。拙句です。

カピバラや寒くなったんで冬眼や


冬瓜か? 寒いしな。せやな。

京都市のこいつが死んで悲しいな

京都市カピバラ殺人事件。犯人はヤス。

カピバラを重ねて置いた冬炬燵


みかん食べたくなりますね。カピバラさんは親子重なってるイメージある。

まるまるとカピバラの夢冬の月

ダイエットしなさい。




以上です。たくさんの投句ありがとうございました!

Edit 23:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

お久しぶりの投稿です。

 久しぶりだなあと思ったらどうやらちょうど一年ぶりのようでした。
 11月中旬担当の陽鳥です。ぎりぎりセーフにしてください。

 まずはNFなうなので告知を。
 創作サークル名称未定は、今年も例年通り「創作屋さん」として冊子販売を中心としたお店を出す予定です。
 オフセット本、コピー本(企画、詩、イラストなど……)の立ち読み、購入以外にも、
 ぬりえ、お絵かきコーナー、俳句・短歌、リレー小説……など、無料で遊べる企画を用意しているので、
 ぜひ11月19~23日には共北32へ遊びに来てください(^^)/

 場所だけは例年通りではないので要注意です(例年っていつなのか分からなくなってきましたが……)。
 各コーナーは時間が過ぎるとともに充実してくるものなので、もう半分すぎたやんけって思っても今からまた楽しめると思います。


 とりあえずのお役目は終えたところで、久しぶりに何を書こうかと思ったんですが、最近読んだ(読まされた)古典を一言で紹介したいと思います。


・嵐が丘(E.ブロンテ)
 お父さんがお土産に男の子を拾って帰ってきたら娘と仲良くなったけど身分の違いから破局して気づいたら嵐のように憎み合ってる心が荒み切った話。語り手の女中さんくらいしか良心がいない。なんかもうすごい。読み終わると面白かったと思える。
・ファウスト(ゲーテ)
 八割くらい風刺とかで何言ってるんだかわからない。ファウストとメフィストフェレスの部分も場面が大きく変わるので、一部で出てきた女の子があっという間に消えてる。でもなんか面白い。だいたいメフィストは姦淫的な発言を挟んでくる。変態か。
・サキ短編集(サキ)
 O・ヘンリと並ぶ短編の名手サキ。面白い話と怖い話(理解できると怖い話的なやつ)とよくわからない話が混じっている。『開かれた窓』とか有名どころですごくうまい。
・エッダ
 北欧神話的なやつ。初っ端から本文より注がながくてめちゃくちゃ読みづらかった。「オーディンの箴言」っていう、偉い神様の格言みたいなやつが面白かった。酒と人付き合いの話をする主神。
・シラノ・ド・ベルジュラック
 鼻がデカくてブ男なんだけど、文武両道なできるヤンキーみたいなシラノ・ド・ベルジュラックの愛の物語。シラノの、ちょっと傍若無人なキャラと、詩的な言いまわしのギャップがよきかな。たまにクスッと笑わせてくるあたりも楽しい。


……いかがでしょうか。雑なあらすじとぱっと感じた印象なのですが、どれも面白かったので、ぜひ秋の読書のお供に選んでいただけると幸いです。

Edit 14:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

もうすぐ始まる

少し担当の時期を過ぎてしまいました小松菜です。。
いよいよ今週末はNFです!
今回の幻想組曲の編集は私がさせていただいたのですが、メンバーからたくさんの作品が集まり、なかなか素晴らしいものができあがったと思っております。他の本も読み応えのあるものに出来上がっているはずです。お楽しみに。
場所は共西32で、10~18時まで、作品展示・販売をはじめとして塗り絵企画や俳句企画やお絵かきコーナーなど、様々な活動をしているので、気になった人はぜひお越しください!

え?ああ。私はひとまず、とある本の裏表紙を描きました。
最近、自分が絵師として認識されつつあることを危惧しております。心は字書きです。ペンタブもお絵かきソフト(無料)も去年手に入れてデジタルに手を出し始めています。字書きです。

…………単なるNF宣伝となってしまいましたが、これで締めることとします。NFかあ。面白くなってきたぞーーーー!

Edit 20:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

3月の担当は
上旬:大雅
中旬:小松菜
下旬:うたろう
です。

 

最新記事

 
 

「ますまて」掲載中!

 

現代数学社様の「現代数学」に
掲載させて頂いてます

現代数学 2014年 12月号 [雑誌]

 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR