京大公認創作サークル「名称未定」の公式ブログです。
サークルについて詳しくはこちらへ→公式WEBサイト

2018-02

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »

【再掲】冬コミ

こんにちは。ステラのまほう6巻の描きおろし部分に震えている作者代理人です。
Twitterでも更新があるとは思いますがこちらでも。

冬コミ、始まりましたね(いや、今日はもう終わりかけか)。

名称未定も 12月31日(日曜日) 東地区 "ム" ブロック 39a で参加します。

大晦日です。たしか去年も大晦日でした。
当日はNFで発表した新刊(幻想組曲あと238号)を中心に頒布する予定です。
新刊はイラストあり小説あり詩あり漫画ありレポートありの充実した一冊となりました。
当方も去年の冬コミ後に岡山の宗教施設に初日の出を見に行った話を書かせていただきました。

今年は大晦日も参戦するという方、ぜひ名所未定のスペースにもお立ち寄りください。


お待ちしております!

Edit 16:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

絵描きのタイプ分類の話

どうも,しっちーです.

24歳,学生です.

24歳学生になりました.とても感慨深いです.正直,これを言った時点で私の書くべきことは9割くらい書き終わっていますし[1],私の人生の意味も9割くらい果たされていると思うのですが,まあここで記事を終えるのもあれなので,なにかをちょっとだけ書いておくことにしましょう.

三つの価値
 趣味絵の世界ではよく,「ただ自分のために,自分の好きな絵を描けばいい」とよく言われています.趣味なのだから,誰の目も気にせず,人からの評価も気にせず,自分らしくあってよいのだと.私もまあそんな感じで自分のために絵を描くわけですが,世の中にはイラストレータのように人のために絵を描く人もいれば,美大受験生のように画力を積みまくる人たちもいます(偏見).
 あなたは何のために絵を描くのでしょうか.これを考えるために,作品の価値を三つに分けてみると面白いのではないかと思います.ちなみにこの話,絵描きだけでなく創作者全般に適用できると思います.
(1) 独善的価値: 一言でいうならば「個性」.自分は価値を見出しているが,他者が必ずしも価値を見出すとは限らないもの.自分自身の好み.自分らしさそのもの.
(2) 普遍的価値: 一言でいうならば「画力」.自分にとっても,他者にとっても──すなわち,万人が共通して価値を見出すもの.リアリティ,作画崩壊のなさ,作品の投稿頻度など.
(3) 流行価値: 自分は必ずしも価値を見出さないが,世間が価値を見出しているもの.流行しているアニメやゲーム,あるいは流行の絵柄・作風など.

誰のために描くのか?
 さて,どうでしょう.あなたは,自分の個性をどのくらい重視して,画力をどの程度重視して,流行をどの程度重視しますか.あなたの絵は,独善的価値が何%で,普遍的価値が何%で,流行価値が何%でしょうか.私にとっては自分の好みを曲げて流行に合わせてやることなんざ拷問でしかないので,流行価値が0%であることは確かです.私の絵は,独善的価値が50%,普遍的価値が50%くらいでしょうか.
 この配分について,色々なタイプを考えることができます.きっと絶対的に正しい配分はありません.あなたは,以下のどのタイプでしょうか.どのタイプの絵描きになりたいと思いますか.
(1) 独善的価値タイプ
 独善的価値がほぼ100%,その他がほぼ0%という,自分らしさを徹底的に追及し,それを真っ直ぐ表現する非常に稀なタイプです.ぱっと思いつくのが(失礼ながら)ピカソみたい絵ですが,ピカソはピカソで画力を極めつくしたその先にあの画風を持っているわけで,画力はむしろカンストしており,難しいところです.いわゆる「ヘタウマ」がここに分類される気がしますが,人間のメンタルの強さの制約上,現実的には存在しないタイプなのかもしれません.普遍的価値が0%に近いので世間的には下手と言われ続けますが,その独特にして奇妙な画風は刺さる人には強烈に刺さります.
(2) 普遍的価値タイプ
 普遍的価値がほぼ100%,その他がほぼ0%のタイプです.偏見ですが,美大受験生とかが当てはまりそうな気がしています.ここから個性を追求することも流行を追求することもできて,何にでもなれる強みを持ったタイプです.他者からの評価も中々高いでしょう.
(3) 流行価値タイプ
 流行価値がほぼ100%,その他がほぼ0%のタイプです.完全なる無個性も完全なる無画力もないでしょうから,多分そこまで極端な人はいなくて,現実的には10%-10%-80%みたいな人がいそうです.流行というのは何も世間全体の話だけではなくて,自分のいる集団や年齢層にうけるものが描ければ十分に流行価値があると言えるでしょう.私と完全に真逆のタイプなので,どんな人なのかは私にはあまり想像がつきませんが,ミーハーみたいなイメージでしょうか.画力はあまりないでしょうが仲間に恵まれるはずです.
(4) 独善的価値+普遍的価値タイプ
 流行を嫌うストイックなタイプともいえるでしょう.趣味で絵を描いている人のうち,目立って個性の強い人という感じでしょうか.画力に比してあまり世間的な評価は高くなく,twitterではフォロワー数が少なめでしょう.私はこのタイプ(になろうとした出来損ない)といえます.
(5) 普遍的価値+流行価値タイプ
 イラストレーターと呼ばれる人はほぼここに入るのではないかと思います.twitterではしばしば万単位のフォロワーに恵まれ,評価は非常に高いでしょうし,相応の実力もある強力なタイプです.もちろん,イラストレーターとして完全に無個性な絵柄というのは存在しないので,現実的には10%-50%-40%みたいな配分になるでしょう.
(6) 独善的価値+流行価値タイプ
 流石にこんな人はまず存在しないでしょう.自分の好きなものや自分の美的感覚と,世間的な流行・美的感覚には差がありますが,その対立をどうやって埋めるのでしょうか.要は目指すべき方向性,美醜の基準そのものが決まらないのでこのタイプは存在しないはずです.
(7) 独善的価値+普遍的価値+流行価値タイプ
 おそらく全ての絵描きの中で最も大きな割合を占めるであろう,ごく普通のタイプです.普通としか言いようがありません.ただ,私の独断と偏見で世間的な平均値を予想するならば,20%-40%-40%くらいな気がしますし,33%-33%-33%というのはちょっと個性的寄りなのではないかと思います.

おわりに
 これは個人が「何を重視するか」というだけの話であり,実際のその人の能力値とは別の話です.例えば,私が個性と画力をそれぞれ50%の配点で重視するからといって,私の能力値がたとえば個性値100,画力値100,流行値0だというわけではありません.私は画力向上のために楽しくない鍛錬を積み続けるのが嫌いなので画力値は上がってないでしょうし,私の絵柄や作風も5%くらい世間的な流行と一致しているでしょうから,私の能力値は個性値100,画力値50,流行値5みたいな感じになると思います.
 あなたはどのタイプの絵描きになりたいと思いますか.どの能力値にリソースを振りたいと思いますか.その辺りを明確にしてみると,絵を描く目的が明確になって,なんというか,なんかいいことがあるかもしれません.


[1] これをやりたいがために,私が自分の誕生日に合わせて12月中旬のブログ担当を確保しておいたことは,もはや言うまでもない.

なお,この記事はしっちーのブログのこ↑こ↓から絵描きの心の闇を取り除いてマイルドにしたものである.

Edit 22:50 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

11月祭

寒々しい季節となりました。
葱希典です。今回は、11月祭で気づいたことを書きます。
① 連歌は人が来ない
  難しいのか、それとも私のあの説明書きだけではわからないのか、どちらかです。
② 飲み残しごとペットボトルを捨てる人が多い。
 飲み残しがこぼれて、ごみ箱が臭くなるので、飲み切ってください。
③ 新歓が強引なサークルほど、売るのも強引。(別に構いませんが)
 私は、視線が安定しないので、よく引っ掛かります。
④ 段ボールを敷くと寝やすい
  硬い床でも段ボールを敷いてから毛布をかぶれば寝られます。
⑤ 屋台の名前が、「君の膵臓を食べたい」のもじりが多い。
 他にも流行ったもので作れるのでは。例えば、
銀魂のコピーで「宇宙一バカな侍映画だ、コノヤロー!」をもじって、「宇宙一うまい~だ、コノヤロー!」
映画「ララ・ランド」をもじって、「アカデミー賞並みの味、ララ・ラーメン」
映画「先生…・!好きになってもいい?」をもじって、「たません…、食べていってもいい?」
映画「あさひなぐ」をもじって、「おから投ぐ」
映画「ワンダーウーマン」をもじって、「ワンダーソーメン」
深夜番組「乃木坂ってどこ?」をもじって、「ネギ焼きってここ?」
⑥ 大道芸の前を素通りすると気まずい
⑦ 名称未定の後ろの壁に何が貼ってあるのかを説明したほうが、お客さんもすぐに見てくれるのではないか
⑧ 泥酔すると、人間は本当に理性を失う
などです。
本日は11月祭最終日、皆さんも最後の一日をお楽しみください。

Edit 07:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

【NF企画】4コマ漫画の回答例

 2017年11月祭での4コマ漫画企画を担当します、入ヶ岳愁です。STARTと自称することもあります。

 ここでは、会場でお題となっていた4コマ漫画の、作者自身による回答例をご紹介します。「これが正解」ということではなく、あくまで一つの例としてご覧いただければ幸いです。

yonnkoma.jpg

3 (1)


Edit 02:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やりたいこと:切り絵について

 こんにちは、入ヶ岳です。10月中旬担当だったのですが、すっかり投稿した気になっていました。申し訳ありません、一先ず今、この記事の間だけは10月中旬であるということでお願い致します。

 さて、タイトルは「やりたいこと」というわけなのですが、簡単に言いますと、私にはやりたいことが今現在山ほどあるというわけです。列挙してみましょう。

・小説
・イラスト
・切り絵

 なんだ3つだけかとお思いになるかもしれませんが、これは創作活動だけをピックアップしたもの。そして、「何かを作る」という願望が3つも重なってしまうともう……人生が足りません。誰か私に人生をください。
 まあ、ここでは私の活動について度々お話することになるかと思うのですが、今回はNFで個人的な活動も予定している「切り絵」について、お話しましょう。

 切り絵といいましても色々ありまして、僕が作るのは専ら、画用紙をアートナイフで切り抜くタイプのものです。紙を折ってハサミで切る類のものは専門外、というわけです。というわけで、ここではその作業について少しご紹介してみようと思います。

 まずは元となる画像(自分で絵を描いて印刷したりします)を画用紙に貼り付けます。画像が印刷された紙は後で剥がしますから、貼り付けると言っても、後で剥がしやすいように工夫が必要です。切り絵は黒(元の画用紙を残す部分)と白(切り抜く部分)の2色に分かれるわけですが、その白の部分にのみノリをつけます。そうすると、全て切り終わった暁には、要らない紙はすぽっと外せるというわけです。
 まあ、後は正直ひたすら切っていくだけで、中心付近から切るだのなるべく奥から手前に向かって切るだのあるのですが、そんな話を文字でひたすらやるのも何ですから省略します。代わりに、作業に必要なものをご紹介します。
・アートナイフ…デザインナイフとも言ったりします。普通のカッターより細かい作業に向いており、べらぼうに切れ味が良いです。
・カッティングマット…所謂カッターマットです。ナイフで机等を傷つけないように敷きます。大きめのサイズの方が切りやすいですが、その分持ち運びにくいです。ペンタブみたいなものです(大嘘)。
・紙(黒、台紙用に白)…普通の画用紙で大丈夫ですが、ケント紙やラシャ紙といったものが切り絵向きと言われています。後は……好みです。度々ネット上で言われているのでここにも書いておきますが、市販されている「切り絵用紙」はお勧めしません。表が黒、裏が元絵を印刷できるよう白となっているのですが、切ると裏の白が見えて美しくないとのこと。買ったことがないので伝聞調ですが、まあ普通の紙を買った方がいいのではないでしょうか。
・のり…スティックのりとかテープのりとか、色々ありますが、一般的に切り絵の接着にはスプレーのりを使います。台紙にムラなく貼る必要がありますからね。スプレーのりは55と書かれたものをおすすめしますが……高いです。

こんなところですね。いや、本当にこれで作ることができます。初期投資はかなり少ないのです。そして、完成させると大変な満足感を得られます。最高です。大変始めやすい趣味なので、皆様も一度紙を切ってみられてはいかがでしょうか。

というあたりで、今回はここまでとさせていただきます。良き切り絵ライフを!

Edit 13:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

今月の担当

 

今月の担当日&担当者、のようなものです。これ以外の日にも、これ以外の人が更新したりします。

2月の担当は
上旬:八橋
中旬:START
下旬:八坂
です。

 

最新記事

 
 

投稿者別

 
 

最近のコメント

 
 

アクセスカウンター

 

 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

リンク

 
 

QRコード

 

QR